toggle
2016-02-03

リンネル女子の憧れを描いたような映画「しあわせのパン」

Pocket

カフェ好き女子の憧れをこれでもか!?ってくらい狙った素敵映画

映画を観に行った感想は「狙い過ぎていて嫌」というものでした。(笑)
最近、邦画の傾向として「とにかく食べ物にまつわる話なら人気が出る」みたいな感じがあると勝手に思っているのですが、この映画はそれの極みのような印象でした。

「カフェ」「オーガニック」「オシャレ」みたいな要素を全て抑えていればみんな好きでしょ??と言われているようでちょっと萎えてしまいました。(自分が斜に構え過ぎているのかもしれませんが、、、)

ただ、出てくるパンやワイン、コーヒー、コロッケなどはどれも本当に美味しそうなものばかりなのは事実です。この映画を観た後は必ず美味しいパンが食べたくなるはずです。

しあわせのパンのおいしいあらすじ

今冬、北海道から心あたたまる映画をお届けします。舞台は、北海道・洞爺湖のほとりにある小さなまち・月浦。映画『しあわせのパン』は、宿泊設備を備えたオーベルジュ式のパンカフェを営む夫婦と、その店を訪れるお客さまたちの人生を描く、春夏秋冬の物語です。

作品概要

作品名:しあわせのパン
監督:三島有紀子
脚本:三島有紀子
キャスト:原田知世、大泉洋、他

Pocket

follow us in feedly
関連記事