toggle

ABOUT US 「東京のフードカルチャーを紐解くグルメブログを目指して。」

Pocket

東京のフードカルチャーを紐解くグルメブログを目指して。

KN7DB_YI

はじめまして。TOKYO FOODIES log.を運営するTHE KNIFE AND FOLKSです。

TOKYO FOODIES log.は「食」にまつわる色々なものごとを少しだけ変わった視点から記していく、少しだけ変わった備忘録的グルメブログです。(現状はまだ『を目指しています。』だけども…。)

タイトルにもなっている「東京」という街は世界でもトップクラスのグルメシティーです。
トレンドの移り変わりがめまぐるしく、次から次に僕らの興味を惹くおいしくて魅力的な食べ物やレストランが生まれては持て囃され消費されていくのをこの目と舌で感じてきました。

また、その一方で昔から変わることなく愛され続ける老舗があり、歴史は短くとも一過性のブームで終わらずに新たなスタンダードとして愛される名店も数多く生まれています。そして、何故か味もサービスもイマイチなのに時々無性に食べたくなる迷店も…。

東京という街のフードカルチャーはそうした世界を見渡しても類を見ないほどたくさんのお店やブランドが作るおいしい食べ物や飲み物と、その匂いに釣られフラフラと街を彷徨う「FOODIE(食いしん坊)」がグチャグチャに混ざり合い、溶け合うことで成り立つカレーのようなものです。

ですから、一口食べただけでは東京のフードカルチャーは語れません。隠し味が多すぎるのです。何度も何度もじっくり味わい紐解くことでようやく全体像が見えてくるはずです。

さて、大した文才もないくせに自己陶酔気味につらつらと書きましたが、TOKYO FOODIES log.はあくまで個人的な「食」にまつわる備忘録的グルメブログです。

ですが、僕の個人的な備忘録がカレーのように混沌とした東京のフードカルチャーを紐解くためのガイドブックとして、読んでいただいたみなさまのお役に立てられることがあれば、ただただ旨い飯を食らい、散財し、腹周りの脂肪をつけるだけの不毛な行為にも意義が出るんじゃないかなぁと思い、このブログをはじめました。

TOKYO FOODIES log.はキュレーションメディアにはしたくありません。
更新頻度は決して多くありませんが、なるべく一次情報にこだわり、自分自身が足を運んで体験した情報のみを掲載する予定です。
まだまだ勉強中の身ではございますが、みなさまの参考資料程度になれば幸いです。

ではでは、いつか「TOKYO FOODIES log.」というブログが「TOKYO FOODIES Mag.」という雑誌になる日を夢見て今日も東京のどこかでおいしいものを頬張ってきます。

THE KNIFE AND FOLKS

Pocket